検索
  • gentlemanagement30

人事マネジメントとは?

これまで管理業務を行ってきた人事部門は、単なる労務管理などのオペレーション業務から、事業戦略を力強く推進する役割へと変化していくことが問われています


働き方改革やダイバーシティなど、多様な働き方への対応下において、今注目されているのが、戦略人事です。経営戦略にかかわる人事部のことをいい、1990年代にアメリカの経済学者が提唱しました。売上目標、業界内のポジショニング、社会貢献のあり方を目的とする企業の経営戦略に、人事部が積極的に関わり、経営者と共に企業の競争力を高めよう、という考え方です。


人事マネジメントの種類

人事マネジメントの種類は大きく以下の二つがあります。

  1.  インフラ人事

  2.  オペレーション人事

これまで企業組織の中で人事は幅広い役割を担い、会社運営がうまく回るように日々、多くの業務をこなしてきました。現在の業績を維持していくための人事業務/インフラ(制度、仕組み、プロセス)の整備・運用のことを言います。現在の業績を維持していくための人事業務/インフラ(制度、仕組み、プロセス)の整備・運用のことを言います。


インフラ人事とは

現在の業績を維持していくための人事業務/インフラ(制度、仕組み、プロセス)の整備・運用のことを言います。これまで企業組織の中で人事は幅広い役割を担い、会社運営がうまく回るように日々、多くの業務をこなしてきました。現在の業績を維持していくための人事業務/インフラ(制度、仕組み、プロセス)の整備・運用のことを言います。現在の業績を維持していくための人事業務/インフラ(制度、仕組み、プロセス)の整備・運用のことを言います。


オペレーション人事とは

事業を継続するために必要な、日常業務・ルーティン業務を中心とした人事業務のことを

言います。これまで企業組織の中で人事は幅広い役割を担い、会社運営がうまく回るように日々、多くの業務をこなしてきました。現在の業績を維持していくための人事業務/インフラ(制度、仕組み、プロセス)の整備・運用のことを言います。現在の業績を維持していくための人事業務/インフラ(制度、仕組み、プロセス)の整備・運用のことを言います。

99回の閲覧